カリフォルニアの免許

遅ればせながら、つい先日ようやく取りました。

長い道のりだった~・・・。

バークレーの近くのDMV(運転免許試験を実施している機関)、特にオークランドとエルセリートは、学生が多いためか、実技試験が厳しいことで有名なのです。周りのクラスメート(特に日本人)は軒並み一度は落とされています。

筆記試験はバークレーにきてすぐ、8月には合格し仮免許を取得していたのですが(筆記は選択式で簡単。日本語の問題も選べます。)、実技のほうはめんどくさくてずっと放置しており、10月末にようやく受験するもあえなく不合格。

噂を聞いていたので一応DMVの練習ビデオ(↓)

も見ていったのですが、「曲がる際、道路の端に寄っていなかった」というほぼ言いがかりじゃないかとも思える理由でダメだしをうけ(路上駐車が多いので、あまり端に寄ると逆に危ない)、最後は「右折の際に左から車が迫っていた」(え、どこが!?)という減点でアウト。

他の人の話を聞くと、慎重にいこうとちょっとスピードを落としたらアウト、道を曲がる際に歩行者がが渡ろうとしていたのでアウト(本当は歩行者を確認しスピードを緩めて止まろうとしていたのに試験官がペーパーに書き込みをしていてその流れを見ていなかった)、等というかなり無茶な理由で落とされた人もいるようです。

2回目はゆるゆるだったので、「初回はとりあえず落とす」みたいな暗黙のルールになっているのかもしれません。

とはいえ、試験官の当たりはずれもかなり重要な要素なようで、例えばオークランドのDMVには、日本のお守りを集めまくっている有名なオッサンがおり、お守りを貢げば受かるという噂もあったり、色々みたいですね。

↓ブログランキングに参加しております。ワンクリックして頂けると大変励みになります!

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


弁護士 ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中